アドセンス アフィリエイト

アドセンスの審査基準は?たった4記事で合格した条件を無料公開!

アドセンス審査基準 記事数 文字数 ジャンル 芸能系 Adsense Google

ツイッターを日々眺めていると、アドセンス審査に通らない、落ちた、などのツイートを良く見かけます。

確かに年を追うごとに審査が厳しくなってきているという、噂も聞いたりしますね。

僕自身はいくつかのアドセンス審査を通したことがあって、いづれも合格。それは2017年末、2019年前半でした。

そこで、この2020年2月段階において、難易度が増したのか?を確かめるべく、新規に一からブログを立ち上げてアドセンス審査にチャレンジしてみましたよ~

アドセンスに通らなくて悩んでいる方の参考になれば、と思い、今回得た情報について共有していきたいと思います!

では、ご覧ください!

 

【通らない人必見!】たった4記事でアドセンス審査に合格した条件を無料公開!

 

アドセンス審査基準 記事数 文字数 ジャンル 芸能系 Adsense Google ブログ 通らない 落ちた サイト プライバシーポリシー サイトマップ ポリシー違反

 

新規に立ち上げたブログをアドセンス審査を通してみた結果ですが…見出し通り、記事数『』で見事合格しました!!!!

パチパチパチッ👏

 

世間的に審査が厳しくなったと噂が上がっているアドセンスですが、根本的な考え方・向き合い方さえ間違っていなければ、合格することはそれほど難しくないのかもしれませんね(^_^)

記事数に関しては、ここ最近は30記事書かないと通らないなどのアドセンス界隈の一般基準があるようですが、正直、僕の実績から言えば記事数は関係ないと言えますし、僕の場合は過去の審査を振り返っても、合格したときの最大記事数で10記事ですね。

その他は大体、5記事前後で合格しています。

 

では、今回4記事でアドセンス審査に合格した、そのブログの条件について紹介したいと思います!

 

ブログ : WordPress(有料ブログ)

ジャンル : 芸能系

記事数 : 4

文字数 : 約25000字

審査期間 : 1日

固定ページ : プライバシーポリシー、問い合わせ

その他 : サイトマップ、プロフィール

 

まずは、この合格の結果とそのサイト条件が少しでも参考になれば幸いです!

 

ただ、これはあくまで表面上の形であって、どんな基準で審査申請をしていけばいいのか?が気になると思います!

その内容については、この後、紹介していきますよ~

 

【玄人が解説】アドセンス審査基準って何?

 

アドセンス審査基準 記事数 文字数 ジャンル 芸能系 Adsense Google ブログ 通らない 落ちた サイト プライバシーポリシー サイトマップ ポリシー違反

 

恐らく、アドセンス審査に通らない…って方や、そういった実情を目の当たりにしつつ、これからチャレンジしていこうと考えている方が気になる事って、きっと『アドセンス審査基準』だと思います。

僕自身も、一番最初のブログを審査に通すときに『明確な審査基準』について調べたことがありますから、その気持ち痛い程分かります。。。

ですが、残念ながらGoogleはどうすれば合格しますよ~って審査基準を明言していないんですよね。

う~ん、どうしよう…って思うところなんですが、やっちゃダメよ、ってことについて『コレは網羅しといてね!』ってことは名言していますよね。

それは、、、

 

Google Adsenseプログラム ポリシー

 

です。

 

Google Adsenseプログラム ポリシー

この、プログラムポリシーで謳われているいくつかの内容があるのですが、その中で一般ユーザーが特に気にしておくべき項目が、以下の項目です!

 

コンテンツ ポリシー

 

その他の項目もあるのですが、広告掲載後のルールや禁止事項だったり、そもそもそれを狙って作為的に作り込まなければあり得ないサイト仕様の規制だったりの内容ですから、この記事内での紹介は端折らせていただきます。

参考:https://support.google.com/adsense/answer/48182

 

ちなみにその代表的な項目が『不正なコンテンツ』という項目ですね。

 

では、話を戻して引き続き、注目すべき項目『コンテンツポリシー』について掘り下げていきますが、実はさらにこの下の階層があるんですよね(;・∀・)

 

コンテンツ ポリシー

ちょっとややこしいですね。

アドセンス審査や利用条件は結構多岐にわたって説明されていて、結構深い階層まで行かないと具体的な内容にたどり着きません…

その具体的内容の一歩手前が以下の項目ですね。

パブリッシャー向けポリシー

パブリッシャー向け制限コンテンツ

 

では、それぞれの内容を抜粋して紹介していきます。

もし詳細が気になる場合は、Googleのアドセンスサイトから見に行ってみてください!

 

パブリッシャー向けポリシー

 

以下のようなコンテンツは許可されません。

違反するとアカウント停止や閉鎖、広告の表示がブロックされる場合があります。

・違法なコンテンツ

・知的財産権の侵害

・絶滅危惧種

・危険または抽象的なコンテンツ

・不正行為を助長する商品やサービス

・不適切な表示に関連するコンテンツ

・悪質または望ましくないソフトウェア

・性的描写を含むコンテンツ

・国際結婚の斡旋

・成人向けのテーマ

・未成年者に対する性的コンテンツ

 

参考:https://support.google.com/adsense/answer/9335564

 

 

 

パブリッシャー向け制限コンテンツ

 

以下のコンテンツに該当すると判断された場合、広告配信が制限されます。場合によっては、広告表示されなくなります。

・性的なコンテンツ

・強いショックや不快感を与えるコンテンツ

・爆発物に関するコンテンツ

・銃に関するコンテンツ

・武器に関するコンテンツ

・タバコに関するコンテンツ

・危険薬物に関するコンテンツ

・アルコールに関するコンテンツ

・ギャンブルに関するコンテンツ

・処方薬、医薬品、サプリに関するコンテンツ

 

参考:https://support.google.com/adsense/answer/9335567

 

 

以上のポリシーを遵守することが、Googleが明確に発信している一つの審査基準となりますね。

 

内容は様々ですが、一環して言えるのは、このインターネット・Googleというプラットフォームを健全・安全な世界として運用していきたいという意思が分かりますね。

 

 

最重要ポイント!アドセンス審査に合格するために必要な2つの条件!

 

アドセンス審査基準 記事数 文字数 ジャンル 芸能系 Adsense Google ブログ 通らない 落ちた サイト プライバシーポリシー サイトマップ ポリシー違反

 

基本ルールが分かったところではありますが、まだアドセンス審査に合格するための条件って何?って疑問がまだ解消されていないのでは無いかと思います。

Googleが名言しているのは上記の基準ですし、『こういうコンテンツなら合格させるよ!』って、Google側が推奨する具体的なフォーマットって特に明確にされていないんですよね。

 

そんな状況ですので、100%審査を通過するやり方って誰も知らないし、僕自身も言いきれないのですが、高確率で審査に合格できる考え方であればお伝えできます。

現にその考え方で、過去数サイトのアドセンス審査に難なく合格してきましたから。

 

重要となるポイントは色々とあるのですが、その中から最も重要な2条件をご紹介させていただきます!

 

①ルールを守ろう

一般常識を持っている大人であれば当たり前のことですが、まず第1に上記で説明した通りポリシー違反しないこと

多くの初心者の方が、アドセンスやアフィリエイト等の広告収入を得て小遣い稼ぎしたい!って気軽に考えているし、気軽に始められるという事実があります。

ホントに簡単に報酬が発生してしまうシステムのため、ついつい視界に入らない大切な部分が出てくるわけですね。

それが、規約などの細かなルールですね。

規約や基準を読むのは結構手間だし、多くの人が参入できている現状を考えるとどうしても、ないがしろにされやすい部分だと感じています。

そのため、初心者のうちは何となくの基準でネット上に転がっているコンテンツの範疇であれば、概ね良さそうと言った印象を持ちやすくなりますが、意外とGoogleAdsenseのポリシーでは、「えっ…!?それもなの!?」ってところまで、規制対象になっていますので注意していきましょう!

 

 

②誰得なのか考えよう

アドセンス審査を通過させてブログやサイトに広告を貼り付けたいと思っている人の多くは、報酬を得たいからだと思います。

ですから、ブログを立ち上げるきっかけ自体が広告収益で儲けるって自分都合の理由が多いってことですね。

この目的は決して悪いこととは思わないのですが、広告収益を得るためのプロセスにおいて、集客をどのように考えているのか?が非常に重要となります。

あなた自身の行動を振り返ってみればそうだと思いますが、今の自分にとって価値のないことへ、わざわざ時間や労力を割いたり、お金を使いたいとは思わないはずです。

つまり、報酬を得たいと思うのであれば立ち上げたサイトやブログの内容に多数の人に価値を感じてもらえることが重要となります。

別の視点で紹介すると、仮に価値が薄いブログでアドセンス審査に合格したとしても、その後『稼げないということになります。

ですので、アドセンス審査に通らない理由の一つとしては、Googleが価値がないとお墨付きをくれていると考えてください。

あなたのコンテンツクオリティでは広告貼っても意味ないから、やめておいた方がいいよ』と優しく言われているみたいな感じです((+_+))

 

まとめると、

アドセンス審査を通そうとしているサイトやブログは誰が得するコンテンツなのか(読んだ人が良かったと思えるのか)ということをGoogleは判断して合否判定していると僕自身は推測しています。

もしGoogleがアドセンス合否判定をする上でその考えがなかったとしても、報酬を得ていきたいと考えるのであれば、『誰得なのか』をよく考える必要があるってことですね。

 

 

アドセンス審査用ブログ・サイトの作り方!構成すべき内容の詳細について!

今回の記事では、アドセンス審査に合格するための基準について紹介させていただきました!

ただ、基準は分かったけど、実際にブログ・サイトを作り込むときにどう落とし込めばいいのかわからない…とか、不安…などでお困りの場合は、以下メルマガ経由でご連絡ください

僕自身、色んなジャンルでアドセンス審査合格しており、多くの方が落ちてしまうという理由で避けている、芸能系(2020年2月)でも合格した実績があります。

その他実際に合格した複数のジャンルや記事数、文字数等の情報を含め、実体験で得た僕の知識の中でできる限りのアドバイスをさせていただきます

いち早くアドセンス審査に合格していきたい方は、ぜひコンタクトしてみてください!

 

 

副業で成功したいならサバイバルしよう!!!!!

まぼ mabo ネットビジネス ブログアフィリエイト コンサルティング 副業 起業 脱サラ

 

今すぐ無料で登録する


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mabo-sp

2児の父であり現役サラリーマン。趣味は釣りを筆頭とするアウトドアですね~。 イメージはどこにでもいる普通過ぎる30代の男ですが、そんな僕が直近の目標としているのが脱サラ&独立… そんなことが出来る時代がやってきました! 普通は叶えられない時間とお金を手に入れて家族に、趣味に、充実した人生を送るぞぉ~!

-アドセンス, アフィリエイト
-, ,

© 2020 まぼ公式HP